So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【架空鉄道】NTA3000系 SAKURA TRAIN 2016 [架空鉄道 車両]

西東京アクセス線では昨年の「SAKURA TRAIN 2015」が好評だった(という設定)ということで「SAKURA TRAIN 2016」の運行を開始しました。

↓これが昨年のもの
NTA3000(SAKURA TRAIN 2015)-min.png

↓これが今年のもの
r_NTA3000 sakura train 2016-min.png

↓これが公式サイトの広告スペースに表示する画像
NTA広告1-min.png

2015はステンレスにそのまま桜の花びらを描いただけで物足りない印象だったので、2016では空に舞う桜吹雪をイメージして描いてみました。少しくらい編集技術は向上したかな?

描いた後に思ったんですけどこのラッピングって都の条例に違反してるんですかね?数年前に小田急のF-TRAINが都の条例に引っかかって派手な塗装から少し落ち着いた塗装に変更されたことありましたよね。地色を除いてラッピングが10分の1の面積じゃないといけないとか。SAKURA TRAINの場合空全体(青い空と白い雲)を地色と判断するならギリギリセーフで空の青い部分のみを地色を判断とするなら完全にアウト。西東京アクセス線は全線東京都内を走っているのでどこも走れなくなってしまいます(笑)。まああくまで架空鉄道なんでどうでもいいですかね。
タグ:架空鉄道

【架空鉄道】NTA3000系とNTA4000のリメイク [架空鉄道 車両]

旧基準で作ったNTA(西東京アクセス)3000系とNTA4000系を新基準でリメイクしました。

r_NTA3000-min.png
r_NTA4000-min.png

リメイクなんですがこのブログでは初の登場なので簡単に紹介します。

NTA3000系はまだ私が画像加工技術もない随分前のころ、小田急の地上専用車の3000系があまり気に入らずE233系をベースに紙に描いたものをまたベースにしています。
3000besu-min.jpg
↑随分前に描いた小田急の地上専用車9000系(笑)
左のダサいのは気にしないでくださいw。

NTA4000系はJR西日本の321系をベースに描きました。NTA開業時に投入された旧型車が今後引退してしまうとセミクロスシート車が無くなってしまうので、ロングシートで通勤向けに登場したNTA3000系に対して、やや観光面も考慮したNTA4000系を登場させました。まあ西東京アクセス線は始発駅から終点まで乗り通しても快速で40分もかからないんでロングシートの車両だけでも本当は困らないんですけどね。そのくらいのロマンは許してください(笑)。

ところで今まで描いた車両はどこで作られたか記載されず「Designed by Midori」と書かれただけでした。しかし他の架空鉄道車両制作者様を見ると、オリジナルで「○○車輌」みたいに車両製造メーカーを設定してるんですよね。なんかいいなと思ったので私もオリジナルの車両製造メーカーを作りました。
r_SANBI TRAIN Logo mojisita-min.png
旧国名の三河の「三」と尾張の「尾」で「三尾車輌」としました。すでに前の記事の車両紹介画像にも三尾車輌のロゴを右下に記載した修正バージョンに入れ替えています。なんとなく首都圏には製作所を作りたく無くなかったので首都圏から距離的にいいかなと思い愛知県付近にしました。ロゴは左上の青い部分が尾張、右下の緑の部分が三河を表現しています。青(シーブルー)は三河湾、緑(グリーン)は愛知県の自然豊かな緑を表現しています。という設定です(笑)。形はカンガルー・・・に見えなくもない?
タグ:架空鉄道

【架空鉄道】圏央電鉄新公式サイトへ [架空鉄道]

 旧公式ホームページはもうごちゃごちゃでよくわからない感じだったので新たにサイトをオープンしました。まだ路線図ぐらいしか公開していませんが、徐々にコンテンツを増やしていくので是非ご覧ください。
 このブログでは公式サイトに掲載されていないことをあげるときがあるのでこちらのブログも引き続き見ていただけると嬉しいです。

圏央電鉄公式新サイトURL→http://ken-oline.jimdo.com/
タグ:架空鉄道

【架空鉄道】圏央50000系製作完了 [架空鉄道 車両]

約2日かけてできました。すごい早いですけど休日2日間フルに使いました。アニメやニコ動みながら。あと前面は前から紙に書いてあったというのも理由ですね。

r_Ken-o50000-min.png

今回は特急ということで流線型の車両を描いてみました。イメージは683系なんですが、前面はJR681系とE3系を足して2で割ったような感じ、側面は京成の新AE形に似たような感じになりました。塗装はピンクとミディアムブルーとグレーの3色でまとめました。機器カバーは最初描くつもりはなかったんですが、流線型のノーズが床下まで伸びているせいなのか、変だったのでつけました。機器カバーは整備が面倒な関係でつけてない車両のほうが多いですけどつけると車両自体はかっこよくみえますよね。京成新AE形とか小田急50000系とか新幹線みたいに。側面のロゴは全体的に角ばった文字にしてところどころにスリットをいれました。スリットは本当に万能です。スリットを入れればなんでもかっこよく見えます。これからもお世話になると思います。

主に関越本線の特急として運用されます。設計最高速度は140km(営業最高130km)です。最初は特急を池袋~新潟間で運転する場合新幹線とガチでやりあうことになるし、大宮~高崎間は比較的線形がいいのもあるので、180km(営業最高160km)にしようと思っていたんですが途中駅にホームドアを設置したり、都心部が過密ダイヤだったりで160km運転は無理だろうなと思ってやめました。ダイヤをまだ作成していないのでなんとも言えませんが、あきらかに所要時間が新幹線と勝負にならない所要時間の場合は池袋~渋川間の運転に縮小するつもりです。まあ東京~新潟間は距離が長いんで近鉄特急みたいにはいかない気がします。

ということで初の流線型特急としてはうまくできたなと思います。次回もよろしくお願いします。
タグ:架空鉄道

【架空鉄道】圏央21000系製作完了 [架空鉄道 車両]

約2週間かけてやっとできましたので紹介します。

r_Ken-o21000-min.png

今回は割とシンプルでいい感じに仕上がったと思います。デザインとしてはJR225系を参考にしながら描きました。前面のライトの形が自分的には好みです。やっぱり鉄道車両においてライトは車両の印象を変える大事なパーツだなと思いました。一番時間がかかったのはラインの前面と側面のつなぎをどうするか悩んだ時ですかね。4日間ぐらいは悩みましたね。いい案が思い浮かばないときはそこでばっさり切って後日また考えると思い浮かんだりします。

運用としては上州本線や房総本線などの近郊路線用として登場したのでトイレがついていたり、一部クロスシートになっていたりします。編成は6+4両になっています。そのうち12000系みたいに指定席車を連結させるかもしれません。
以上

しばらくは圏央線の車両を描いていこうと思います。

タグ:架空鉄道

2016年新年のご挨拶 [鉄道]

2016鉄道ブログあけおめ-min.png

明けましておめでとうございます!!
上のはがき画像は20分ぐらいかけて作りました。いろいろ考えたんですけどなかなかいい感じにならずに持っている車両絵を張り付けただけになりました。本当にセンス無いな自分(笑)。この画像に貼ってある車両は全部で18ありますが来年にはいくつに増えているでしょうか。今年のうちにたくさん描いて増やしたいと思います。

さて2016年に鉄道関連では北海道新幹線新青森~新函館北斗間開業関連や越後トキめき鉄道「雪月花」の運転開始、京都鉄道博物館のオープン、各社ダイヤ改正などいろいろなイベントがありますね。楽しみです。

今年は災難に出くわさず普通に生きていければいいなと思います。
去年12月に始めたブログでまだまだ未熟ですがこれからもよろしくお願いします。
タグ:2016年

【架空鉄道】圏央電鉄12000系製作完了 [架空鉄道 車両]

本日圏央線の車両が完成したので紹介したいと思います。

r_Ken-o12000-min.png

その名も圏央電鉄12000系です!!

新基準で架空鉄道車両を制作するのはこれが第一弾です。結構良いデザインに仕上がったと思います。側面窓周りを黒く塗ったのはうまくいったなあと思います。やっぱりJR東海373系や京急2100形のように窓周りを特定の色で塗るとかっこよくみえます。床下機器とかは全然詳しくないので書きませんでした。しばらくの間は書かないと思います。

2015年3月14日に3代目「羽田ライナー(Haneda Liner)」としてデビューしました。

※羽田ライナーというのは空港線専用列車に名づけられる名前で、主に空港アクセス種別の列車として使用されるという設定です(笑)。まだ公式HPにも書いてないし1代目、2代目もまだ考えていません。そのうち制作しようとは思っています。

運行区間はエアポート快速が通る空港線、都心環状線、上州本線の他、新宿から直通運転を行っている西東京アクセス線でも運行されています。
この形式の特徴は中間車両にダブルデッカーの指定席車(西東京アクセス線直通車を除く)を設けていることです。2015年3月14日の運行開始から圏央では初の普通列車の指定席制度が開始となりました。
以上

てな感じで車両紹介というより圏央線の設定紹介みたいになってしまいました(笑)。まあいろいろ設定考えすぎて複雑になって公式HPの更新が進んでいないんですけど。路線のほうもころころと名前が変わります。さっき紹介で登場した上州本線は公式HPの上州彩の国線のことです。また落ち着いたら圏央線公式HPを更新しますの待っている方がいたら気長に待っていてくださると嬉しいです。
タグ:架空鉄道

小田急ダイヤ改正2016年3月26日 [鉄道 ダイヤ]

2015年12月18日に小田急電鉄から2016年春のダイヤ改正について詳細な発表がありました。

http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8360_8351253_.pdf

下北沢付近の複々線化が完成するまで大規模なダイヤ改正はないと思っていましたので個人的には結構衝撃的です。では気になった点を書いていきたいと思います。

①日中の快速急行毎時6本化
 今まで日中は小田原系統1本と藤沢系統2本の毎時3本体制でしたが、今回のダイヤ改正から小田原(新松田)系統3本と藤沢系統3本の毎時6本体制になります。なんと本数倍増ですね。約20分~10分の間に1本でしたが約10分に1本走るようになります。個人的にはこれが一番うれしい改正内容です。

②千代田線直通の増発
 日中では30分間隔毎時2本だった千代田線直通多摩急行を急行に変更したうえで20分間隔毎時3本に増発となります。複々線完成まで変更はないと思っていたのでこれも衝撃的でしたね。京王相模原線とやっと競い合えるレベルにまで近づいてきたと思います。
 夕夜間では下り方向の千代田線からの準急を毎時1本増発します。これで18~22時台は千代田線からの直通列車が多摩急行2本と合わせて毎時3本となります。2015年のダイヤ改正で夕夜間新宿発の準急が急行に格上げされ、準急は削減されされていましたが、今回から千代田線からの直通で復活しましたね。朝ラッシュ時下りに唐木田行準急を設定されていたりと、今後の準急の扱いには興味深いものがあります。

③特急ロマンスカー関係
 ロマンスカーが今回のダイヤ改正から海老名と伊勢原が停車駅に加わります。海老名は平日22本(下り11本、上り11本)、土休日25本 (下り12本、上り13本)で予想していたより多く停車することに驚きました。あの辺はここ数年でかなり開発されましたので需要はあるんですかね。それに比べて伊勢原は上下2本ずつという少なさ。大山ケーブルには新車が投入されました。大山の観光客が増えれば今後停車本数が増加しそうです。今回の停車は試験的なものと感じました。

④その他気になったこと
 区間準急の運転が取りやめとなります。千代田線直通急行の新宿方面接続は快速急行が担うことになりました。前後に各駅停車が走っていましたし、千代田線直通との接続が無くなったらほとんど意味がない列車種別ですから、廃止になってもおかしくはないですよね。でも複々線完成前に無くなるとは思っていませんでしたけど。
 唐木田行ホームウェイの運転が取りやめとなります。この列車は多摩線ホームウェイというのが売りでしたが、私が見る限りでは乗客のほとんどが新百合ヶ丘で降りていて、永山以遠まで乗る人は僅かでした。本厚木着に変更したのは妥当だと思いました。
 千代田線直通列車において小田急・メトロ・JRのそれぞれの車両が相互に直通運転をする運行形態となります。今年の秋ごろから小田急・JRの車両がそれぞれあいての路線で試運転を行っていました。ようやく小田急でもJR車(E233系のみ)が見れるのは嬉しいです。 ただ欲を言えば209系も来て欲しかったなあなんて勝手なことを考えていたり(笑)。

利用者としてはダイヤ改正がとても楽しみです。

【イラスト】鉄道車両前面イラスト1 JRE233系1000番台とJR321系 [鉄道車両前面イラスト]

第一弾は東海道線の東と西の末端を各駅停車として走る車両を描きました。

JR東日本E233系1000番台とJR西日本321系です。

bg JRE233系1000番台とJR321系-min.png

出来が悪いのを背景彩ってごまかす戦法(笑)
旧基準で描いてたら絶対に変な顔になっていたと思います。やっぱり新基準の寸法は間違っていなかったようです。
側面はE233系だけ作ったのですがめんど(ry
それなのにこれだけで1週間以上も製作に時間がかかるというね。
それと私は幕やLED表示器は無表示の状態を描くようにしていますので幕は白、LED表示器は黒になっているんです。決して塗り忘れではないです。

E233系は2006年12月に中央線で運転を開始しました。個人的に最初見たときは前面ののっぺりした感じがかっこ悪いなーと感じましたけど、時が立つにつれて、かっこよく見えてきました。今までは窓の下に前照灯があるのが見慣れた形だったので、前照灯が窓上でしかもLEDというのは違和感があったんだと思います。それが今ではスキッリしていてこれもありだなと感じました。

それでも首都圏の路線がどれもE233系というのは個性がなくて嫌ですけど。
南武線、横浜線、京葉線、埼京線の205系はあっという間にこれに置き換えられましたね。ずっと205系ばかりで古い車両しか走ってないのも嫌ですけど、いざいなくなるとなるとやっぱり寂しい気分になります。

321系は2005年12月に運転を開始しました。この321系だけに限らないですけど、JR西の車両はやっぱりJR東とは違うかっこよさを感じます(もちろんJR東のデザインも好きだけど)。個人的には顔の両端にあるステンレスの部分がかっこいいと思います。それと前面の藍色の部分についてはイラストを描く際かなり悩みました。というのも写真を見ると黒っぽいのですが実際には藍色ということでネットで他の方が撮られた写真を見るのですが全部藍色には見えないんですよね。そもそも正式なカラーコードが分からない。ネットでも調べてみましたが詳しくは出てこないのでそれっぽい塗装で塗りました。

関東住の私としては大阪近郊はいろいろな種類の車両が走っていていいなと思います。103系、201系、205系など国鉄時代の車両から321系、225系などの新しい車両まで幅広く走っていていいなと思います。それでも電車にも寿命はありますから大阪近郊もいつかはJR東みたいに新車ばかりに・・・なる日は来るのでしょうか?(笑)まあ実際大阪環状線なんかは323系の導入が発表されていますし、国鉄時代の車両はもうすぐ無くなってしまうかもしれません。

最後にE233系の中央線帯変更Ver.と武蔵野線Ver.を貼ってしめたいと思います。

JRE233系嘘電-min.png

中央線についてですが、個人的には実際に走っている塗装のままの方がいいですね。たぶん慣れちゃってるからだとは思いますが(笑)
武蔵野線ですがなんで前面を2つ貼ったかというと今走っている205系と209系の前面はオレンジのみだからです。個人的には前面にも茶色の帯を配していいと思うので配しているバージョンも載せてみました。

【架空鉄道】新基準で車両作成 [架空鉄道 車両]

今まで私はオリジナルの車両を描いて楽しんでいたわけですが、その描き方は最初に外枠だけ書いて、以降はそれを基準として内面、スカート等を描くという方法でした。側面も同様。
車両の書き方-min.png
ですがこの前圏央線の新しい車両を描いていたとき思いました。
「これ縦長すぎじゃない?」と・・・
ペイントソフトでレイヤーを駆使して比較してみました。
本当は比較画像を掲示したいのですが写真使用許可の実写の画像があまりないので省略。
言葉で表すと、まず全体的に天井が高い。ゆえに今まで私の作った車両は拡幅車体なのに幅が広く見えない。そして天井が高いということは側面のドアや窓の寸法も違うということ。
その場限りの車両画像作成なら「大きさの違いくらいいいや。かっこよく見えるし」程度で済ませてしまうのですが、これからもたくさん作ろうと思ってますので、どうせなら新しい基準を作ってしまおうということでE233系の正面・側面写真をもとに新基準を作りました。
旧基準新基準比較正面-min.png
旧基準新基準比較側面-min.png
結構苦労しました。連結器は旧基準のまま流用してます。
新基準も作り終えたし、さっそく今までの車両を旧基準から新基準へ修正しよう・・・と思ったのですが、実際やってみるとなかなか難しい。なんか旧基準を上から押しつぶしたような絵になってしまします。そりゃあ天井低くしたんだからそなるよね。それがかっこいい感じになればいいんだけどあきらかに退化した絵になりました。なんとか修正できるようになりたいです。
なぜかっこよく修正できないのかというと、おそらく新基準で描く感覚がまだ成長してない?というか慣れていない?からじゃないかと思いました。
ということでしばらくは新基準を使って現実に存在する車両を描いて訓練したいと思います。
上手くできたら今後ブログにあげていくので是非見てください。


タグ:架空鉄道
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。